MENU

フリーランスを始めるにあたり必要な物

近年、会社に属さずフリーランスとして働くという形態に注目が集まっています。会社勤めを経験しスキルや知識が増えてきて、独立に興味を持ち始めたという方も多いのではないでしょうか。

一方で、フリーランスとしての活動を始めるにあたり具体的にまず、何をしたらいいのか分からず、あと一歩が踏み出せない方も少なくないと思います。

そこで今回は、フリーランスになる前にやっておくべき11項目をまとめてご紹介します。

  • これからフリーランスになろうと思っている方
  • 準備不足で独立してしまったという方

チェックリストとして是非ご活用してみて下さい。

フリーランスになる為の11の準備

1.審査が必要となる物を済ませておく

会社員と比較すると、フリーランスは社会的な信用度が低くなりやすい傾向にあります。例えば、会社員であれば当たり前のはずのクレジットカード申請やローン契約、不動産契約がフリーランスになると審査が通りにくくなる場合があります。

その為、社会的信用が必要となる契約が必要な方は、独立する前に済ませておく事をオススメします。

特に注意したいのが、必要な時にお金を借りるのも難しくなる事です。

中長期的に支払いが必要な場合は、ローン計画を見直しておくことも必要でしょう。

 

2.健康保険、年金の切り替え

会社員を退職したあとは、健康保険・年金の手続きが必要となります。健康保険の被扶養家族になることができる場合には費用を安く抑えることができますが、対象とならない場合は会社の健康保険を任意継続するか、国民健康保険への加入が必要です。

任意継続を選択する場合、退職後20日以内に申請すれば2年間継続して加入することができます。

但し、会社員時代とは異なりこれまで会社が負担してくれていた保険料も全額自己負担になります。20日を過ぎてしまった場合には一切受け付けてくれませんので注意しましょう。

一方、国民健康保険は退職後14日以内に市町村役場に届け出をおこないます。国民健康保険は前年度の所得に応じて保険料が決まり、計算方法は地域ごとに異なりますので、どちらに加入したほうがいいか一度確認することをオススメします。

上記の他に、職種によって加入できる健康保険組合を利用する方法もありますのでこちらもあわせて検討しておくといいでしょう。代表的なものに文芸美術国民健康保険組合などがあります。

年金は、会社員時代の厚生年金を脱退し国民年金に加入します。こちらも国民健康保険と同じく市町村役場で手続きをおこないます。

 

3.開業届けを出す

フリーランスで活動していく上で出しておきたいものが「開業届」です。必ず出さなければならないものではありませんが、青色申告を考えている方であれば必須となります。
また、開業届を提出しておくことで小規模企業共済に加盟できるようになったり、屋号名を使って口座開設ができるというメリットもあります。

提出が面倒という方もいるでしょうが、本格的に活動するのであれば出しておきたい書類です。

次にご説明する「青色申告承認申請の手続き」と併せて検討することをオススメします。

 

4.青色申告承認申請の手続き

会社員ならば確定申告の手続きはしてくれていましたが、フリーランスになった後は自分で手続きしなければなりません。確定申告には「白色申告」「青色申告(単式簿記・複式簿記)」の3つの申告方法があり、それぞれ控除額が異なります。

単式簿記の場合10万円、複式簿記なら65万円の控除を受けることができます。控除額が大きいものほど作業の手間が大きくなります。

国税庁ホームページ 所得税の青色申告承認申請手続

1年目は手間を考えて白を選択するという事も出来ますし、初めから青色申告を行う事も出来ます。

白色の場合は事前の手続きは必要ありませんが、青色の場合は予め「青色申告承認申請書」を出さなければなりません。

先の開業届提出と合わせて済ませておきましょう。

 

5.事業用の銀行口座を用意する

ご自身のプライベート用と事業用の口座を分けておかないと、どちらの為に購入した物か分かり難く、帳簿付けの手間が増えてしまう原因でもあります。ただでさえ慣れない作業で面倒に感じる経費入力を簡単にする為にも、事業用の口座を用意しておきましょう。

事業専用とすることで、後でおこなう作業がシンプルになります。開業届の提出が終わったらすぐに用意しておきましょう。

 

6.書類を準備する

フリーランスとして仕事を始めると頻繁に必要となるのが請求書、見積書、納品書といった書類関係です。予め作っておかないと、いざ必要となった時に準備に時間がかかってしまいます。そのため、依頼を受ける準備作業の一つとしてテンプレートを作成しておきましょう

また、自作するのが難しいという場合には無料で公開されているテンプレートをダウンロードして使用するのも一つの手です。自分で作るのが面倒という場合には、時間を作って探しておきましょう。

 

7.備品の準備をする

仕事で使う各種備品も準備しておきたいものの一つです。特に使用頻度が高いものとして、屋号・事務所住所が入った印鑑があります。封筒に手書きするのは面倒という方も多いので、印鑑を作成しておくことをオススメします。

合わせて、封筒、切手類も購入しておくと郵送時に使えます。机・椅子・パソコン・プリンターといったデスク周りの用品も揃えておきましょう
また、確定申告用のソフトも初めから導入を考えておきたいものの一つです。会計ソフトを用意しておくとスムーズに作業を進めることができますので、青色申告を選択した方は特に利用したいものです。

確定申告用ソフトの定番としては、ネットで確定申告が出来るe-taxにも対応している「弥生

銀行・クレジットカードとの連携が可能で簡単に確定申告が出来る「freee」といったものがあります。

自分が使いやすいと思うものを選択するとスムーズです。

 

8.事業用のメールアドレスを用意する

多くの方が独立前から個人のメールアドレスをお持ちかと思いますが、本格的に業務を受けいくのであれば個人用とは別に仕事用を準備しましょう。

Gmailをはじめとしたフリーメールでもメールアドレスが作れますが、信頼性を高めたいという方には独自ドメインでのメールアドレスがオススメです。

 

9.事業用に名刺を作る

屋号、肩書きを決めメールアドレスを作ったら、事業用の名刺を作ります。仕事依頼を受ける為にも、まずは人脈作りを進めていかなければなりません。

どこで誰と知り合うか分かりませんので、すぐに名刺を渡せるように常に持ち歩いておきましょう。

 

10.ポートフォリオサイトを作る

ポートフォリオサイトは独立してからでも作る事が出来ますが、いざ仕事依頼を受け出すとなかなか時間が取れなくなり後回しになってしまいがちです。余裕を持って行動する為にも会社員時代に進めておくことをオススメします。

また、ポートフォリオ以外に技術系ブログを作るというのも一つの手です。知識アップにも繋がりますし、見ている人にアピールする事も出来ます。

自分の事を知らない人に実績、スキルを知ってもらい利益に繋げるためにも、自己紹介出来るポートフォリオ・ブログを用意しましょう。

 

11.SNSを活用する

ポートフォリオサイト・ブログと合わせて準備したいのがSNSです。広く情報発信する事で、自分の業務内容を知ってもらったり、新たな出会いに繋がる事もあります。強力な営業ツールになりますので、フリーランスなら活用しない手はありません。

もちろん、自分からの発信だけでなく様々な最新情報を受け取るのにも役立ちます

 

終わりに

会社に属さないフリーランスになる事で“自分で自由に出来る”といったイメージもありますが、営業から経理まで全て自分でこなすという大変さもあります。それでもフリーランスを考えるのであれば、良いスタートを切る為にも事前準備は済ませておきましょう。

ご紹介した項目は基本的なものではありますが、意外に後回しになってしまうものも多いので、今から独立するという方は記事を参考に準備を進めてみてはいかがでしょうか。

皆さんの明るい未来に向けて、良いスタートが切れる事を願っております。

デザッピーくん
デザッピーくん
あなたも ゼロから学んで最短2週間でWEBデザイナーになりませんか?

今なら、デザプロ公式LINEで、

・WEBデザイナーで稼ぐうえで絶対に覚えておくべきこと
・全くの初心者から始めて在宅で仕事を獲得する方法
・高単価のWEBデザイナーだけが知っている収益化のコツ

などの情報を配信中です。

さらに!今なら期間限定
LINE登録で無料で貰える3大特典付き🎁


あつし
あつし
WEBデザイナーに少しでも興味がある方は、
是非、LINE登録してくださいね!

コメント

コメントする

CAPTCHA