挫折してしまう人の特徴7つと挫折を乗り越える方法

「挫折」とはどのような概念でしょうか。

「挫折」と「失敗」とは同じ物なのでしょうか。
デザッピーくん
デザッピーくん
今回は「挫折」してしまう人の特徴を7つご紹介して行きます!「挫折」を乗り越え、もう一度チャレンジしよう!という方に向けて「挫折」した時の対処方法も合わせてご紹介して行きます!
「挫折」は「成功」と不可分であることを忘れないで下さい。

挫折の意味を知る

「挫折」とは

  • 目的を成し遂げる前に途中でダメになる事
  • くじけてしまう事
  • やり遂げようとする意欲や気力を無くしてしまう事

といった意味があります。

この定義だけ聞くと、つまり失敗の事かな?と感じるかもしれません。

果たして、「挫折」と「失敗」は同じ物なのでしょうか。

1.挫折と失敗の違い

「挫折」と「失敗」は、目標達成が出来なかったという現象だけに着目すれば、同じ意味と言えます。

ところが、人は無意識に「挫折」と「失敗」を使い分けています。

「失敗」は確定した事実ですが、「挫折」は達成出来なかったが、未来への糧にできる経験です。

目標が達成出来なかったという現象を振り返るとき、現象だけに着目するのが「失敗」

現象の受け止め方にまで着目したのが「挫折」と言えます。

 

2.自分が努力したから感じる

「挫折」は、現象の受け止め方に着目した表現です。

人は何の努力もしなかった時に

「失敗した」という感情を持つことはありません。失敗したと感じたとしても、それは単に努力をしなかった事への後悔です。

「挫折した」という感情は、前向きに努力したからこそ込み上げてくる思いです。

 

挫折してしまう人の特徴

挫折する人には共通する代表的な特徴が7つあります。

マイナス要素が強調された紹介の仕方に感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、「挫折は努力したからこその感情」だということは変わりません。

 

1.プライドが高い

「挫折する人」の特徴に

プライドが高いという物があります。

決して実績の伴わないプライドではありません。過去に成功体験があるからこそ、新しいやり方にチャレンジ出来ず、「挫折」を経験していしまいます。

 

2.自分と向き合わない

「挫折する人」の特徴として

自分と向き合わないという物も挙げられます。

このタイプの人は、基礎能力が高めです。そのため自分と向き合わなくても、一定のレベルには達する事が出来ます。

ところが自分の長所や短所と正面から向き合わない為、ある水準から先に進めず立ち往生してしまいます。

 

3.自己肯定感が低い

「挫折する人」の特徴に

自己肯定感が低いという物もあります。

自己肯定感が低いので、周囲の環境に付いていく為、日々の研鑽は怠りません。

その為普段は自己肯定感の低さを、むしろ強みにすらしています。 ところが、ここぞ!というプレッシャーのかかる場面では話は別です。

自分を信じ切る事が出来ず、普段では考えられない様なミスをして「挫折」してしまいます。

 

4.色んな事に手を出す

色々な事に手を出す事も、「挫折する人」によく見られる特徴です。

文武両道や博学多才など、私たちはマルチにこなせる人に憧れを持っています。挫折する人はこの側面が強く、ついつい新しい事に手を出す傾向があります。

あまりにも興味関心の移ろいが激しい為、大抵は長続きせず「挫折」する事となります。

 

5.人生の器用貧乏タイプの人

人生の器用貧乏と言うべき性質も、「挫折する人」によく見られる特徴です。

このタイプの人は、多方面のジャンルである程度こなせてしまいます。色々な事に手を出す人の反対とも言うべき特徴ですが、専門家から比べるとあくまで、広く浅くのレベルです。

本当のピンチの時には、この広く浅くの知識では太刀打ち出来ません。その事のギャップに苦しみ「挫折」しやすくなります。

 

6.長続きしない

「挫折する人」の特徴に、長続きしないと言う物もあります。

このタイプの人は習慣にする事の力強さを知らないか、もしくは低く見ています。大抵の場合、ものごとのやり始めから困難な目標を設定するので、習慣化できずに「挫折」してしまいます。

 

7.メンタルが強い

「挫折する人」の特徴に、メンタルが強いと言う物があります。

メンタルが強い人は挫折しないのでは?や、挫折するのはメンタルが弱い人では?と疑問に思われるかもしれません。

先述の『挫折』と『失敗』の違いで言及しましたが、挫折は達成出来なかったが、未来への糧に出来る経験です

達成出来なかった事を「未来への糧」と受け止められるのは、強いメンタルの持ち主です。

あつし
あつし
ここまで、挫折してしまう人の特徴をご紹介して来ました。ただ、挫折する事は悪い事ばかりではありません。この経験こそが未来への糧になります。

達成出来なかったという感情すら一時的なものに過ぎません。挫折としっかり向き合って対処し、前へ進みましょう。

挫折した時の対処法

1.別の事に集中する

「挫折」した時には、別の事に集中するという対処法があります。

挫折する人は、強メンタルの持ち主です。それでも挫折した時は、少なからずショックを受けています。

再チャレンジする前に何か別のことに熱中して、強いメンタルを取り戻しましょう。

 

2.信頼出来る人に話す

「挫折」した時には、信頼出来る人へ相談するという対処法も有効です。

誰かに話すという事は、自分の考えを言語化すると言う事です。自分の考えを言語化する時に、「挫折」の原因を客観視して分析する事が出来ます。

客観視する事以外にも、誰かに話す事で気持ちを安定させる効果があります。

信頼出来る人なら、あなたの「挫折」を蔑んだりしません。挫折した時こそ、信頼出来る人を頼りましょう。

 

3.考えてみる

「挫折」した時には、挫折と成功の関係について考えて見ることも有効です。

挫折した時の悔しさは、忘れ難い物です。成功する人はこの悔しさを忘れないからこそ、成功に近づきます。

また、全力を出さずに達成出来る目標は成長には繋がりません。「挫折」はより高い目標を設定したからこそ経験出来る事であり、成功と挫折は不可分な物です。

 

4.自己分析をする

徹底した自己分析をして、「挫折」に対処しましょう。

挫折は誰しも悔しい経験です。だからこそ悔しさを忘れたくて、がむしゃらに再チャレンジしたくなります。

それでも焦る気持ちを抑えて、まずは自己分析をしましょう。どうして失敗したのか自分には何が足りていなかったのかなど、自分をごまかさずに問いかけてみましょう。次のチャレンジをする時に、自己分析の結果があなたを助けてくれます。

 

5.もう一度挑戦する

「挫折」した時の究極の対処法は、必ずもう一度挑戦する事です。

挫折と失敗の分かれ目はまさに、もう一度挑戦するかどうかにあります。これまで紹介した4つの対処法を試し、しっかり自己分析をしましょう。

「同じやり方で、もう少し上手にやろう!」と分析したにせよ、「もう少し上手にする為に、違うやり方を試そう!」と分析しにせよ、熱が冷めない内に再チャレンジしてみましょう。

終わりに

挫折経験は自分を成長させる

今回の記事では「挫折」や「挫折する人の特徴」、「挫折した時の具体的な対処法」を紹介してきました。

既に挫折への対処法で解説していますが、挫折は成功と不可分であり、成功した人は皆、挫折を経験し、乗り越えています。

「挫折経験」を糧にして、自分を成長させ上を向いて行きましょう。

きっとあなたなら出来ます!!あなたの1番の味方はあなたです。

自分を信じてあげて下さいね。

デザッピーくん
デザッピーくん
あなたも ゼロから学んで最短2週間でWEBデザイナーになりませんか?

今なら、デザプロ公式LINEで、

・WEBデザイナーで稼ぐうえで絶対に覚えておくべきこと
・全くの初心者から始めて在宅で仕事を獲得する方法
・高単価のWEBデザイナーだけが知っている収益化のコツ

などの情報を配信中です。

さらに!今なら期間限定
LINE登録で無料で貰える3大特典付き🎁


あつし
あつし
WEBデザイナーに少しでも興味がある方は、
是非、LINE登録してくださいね!

コメント

コメントする

CAPTCHA