webデザイナーかエンジニアを目指すなら

近年SNSが普及し、国民総発信者時代になりつつありWeb関係の職種が盛り上がりを見せています。

それに比例して、Web系の仕事をしたいと考えている人が増えて来ています。

そしてweb関連の職種を選ぶ際に、Webデザイナーとプログラマーならどちらを目指そうか。

この様に思われている方もいるかと思います。

この場合、自分の目的からどちらを選ぶか決めるのが良いのですが、どこで比較すれば良いのか分からないですよね。

あつし
あつし
そこで今回の記事ではWebデザイナーとプログラマーの違いを5つの視点から比較してみました。

こちらの記事を読んで頂ければ、二つの職種の違いが分かり、どちらが自分に合っているのか参考にする事が出来ると思います。

仕事内容の違い

まずは、Webデザイナーとプログラマーの仕事内容の違いをご紹介したいと思います。仕事内容によって興味が湧く部分が違うと思いますので、是非ご確認頂ければと思います。

Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーの仕事内容は、主にWebサイトやブログなどのデザイン部分を担当しています。

つまりユーザー(使用者)に見える部分(文字やレイアウトなど)の構築をする仕事です

デザインの他にもHTML/CSSやJavaScriptのプログラミング言語を使いコーディングを行ったり、ロゴやイラストを作成します。

Webサイトのデザインはユーザーにとって最初に目に入る部分なのでとても大事ですよね。

プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事内容は、Webアプリなどの仕組み(システム)の実装を担当しています。

つまり、ユーザー(使用者)が使いやすい様に機能(チャットや予約フォーム)の構築をする仕事です。

例えば、booking.comなどでネット予約をする場合は、この機能をプログラマーがプログラミングを使い実装しています。

ユーザーが使いやすい仕組みを考え、常に改善を行う重要な部分になります。

Webデザイナーとプログラマーの需要は?

Webデザイナーの需要

Webデザイナーの現在の需要を各求人サイトを参考にしてご紹介致します。

webデザイナーの求人数は各サイトによって、かなり数が異なりますが、案件は多い印象です。

しかし地方によってはどうしても案件数が少なくなるので、フリーランスとして仕事を獲得するのは難易度が高くなるでしょう。

プログラマーの需要

次はプログラマーの現在の需要を各求人サイトを参考にご紹介して行きます。

プログラマーの現在の需要は、求人サイトを見てもわかる様に高いと言えます。

Indeedだと、東京都内だけで6225件の求人がある事が分かります。仕事獲得がしやすいためフリーランスとして案件獲得できる可能性も高いですね。

webデザイナーとプログラマーの需要比較

先程ご紹介させて頂いた、5つの求人サイトの案件数を合計して見て見てましょう。

webデザイナー:4784件

プログラマー:9465件

※2021年6月27日現在

現在の結果を見るとプログラマーの方が約5000件多い事が分かります。ですが、webデザイナーの方も、4784件と案件数は多く、需要で言うとどちらも高いと言えるでしょう。

現在は、スマホでネットを誰でも簡単に見れる時代です。そういった背景からWeb系の仕事の需要が上がっていると言えます。

webデザイナーとプログラマーの将来性

webデザイナーの将来性

今後も、スマホの更なる普及やネット社会及びコロナ渦の影響によるオンラインの拡大により、Webデザイナーの仕事は無くなる事はないでしょう。

ですが、Webデザインを出来る人の求められるスキルは変わりつつあります。

大手求人サイトdodaによれば、今後Webデザインで需要の高い人材は、WebディレクターやWebデザイナーで、UIやUXまで担当できる経験者の採用ニーズが目立つでしょう。UI・UXの両方の経験を求めるというよりも、それぞれにニーズがあります。』とのことです。

参考元:doda転職市場予測2021上半期

こちらにも記載されております様に、新型コロナ以降もWeb関連のクリエイティブ職は求人が減少しているわけではありません。

ただし、より一層スキル重視の選考へと変化しているので、応募先を絞り込みすぎず、できるだけ幅広く検討することをおすすめします。

プログラマーの将来性

続いてプログラマーの将来性を見ていきましょう。

情報化が進む現代社会において、IT人材全体の需要は確実に伸びています。これは日本だけにとどまらず、世界中で言われているまぎれもない事実です。

参考元:経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」

上の図は、経済産業省の調査結果なのですが、日本国内でITニーズの拡大により2030年までの間に約41万人から79万人のIT人材が不足すると予測されています

この統計から考えると、今後プログラマーの需要は確実に増加することが予測でき、将来性があると言えます。

いくら良い製品やサービスを企画したとしても、肝心のそれを創り出すプログラマーがいなければ実現できないからです。

webデザイナーとプログラマーの年収の違いは?

webデザイナーの年収

Webデザイナーの平均年収の相場は300万〜400万円と言われています。

これだけだと低いと感じる人もいるのではないでしょうか。

Webデザイナーは、使えるスキルで年収が上下しやすい傾向にあります。例えば、コーディングやWordPress編集、マーケティングのスキルがあると年収は400万〜600万になります。

参考元:Webデザイナーのフリーランス求人・案件の単価相場と市場動向(FREELANCE START)

スキルによっても年収の違いはありますが、上の図を見てもお分かり頂けます様に、やはり経験年数でも年収に差が出て来きます。

プログラマーの年収

プログラマーの平均年収は400万前後だと言われています。平均で見るとWebデザイナーとあまり変わらない年収ですね。

ですが、プログラマーの場合だと技術や働き方によって年収に差が出ます。

順位 言語名 年収
1位 Go 600万円
2位 Scala 600万円
3位 Python 575.1万円
4位 Kotlin 575万円
5位 TypeScript 552万円

参考元:ビズリーチ

こちらの表を見ても分かるように、プログラマーが使う言語によっても年収は上下する様です。ですが、この表もビズリーチが調べた結果ですので、全ての企業がこの年収パターンが当てはまるというわけではありません。各企業によっては年収の違いがあるのでご注意ください。

webデザイナーとプログラマーのスキルの違いは

webデザイナーのスキル

Webデザイナーのスキルで基本ベースとして必須となるのがこちらです。

HTML/CSS

JavaScript/jQuery

Photoshop/Illustrator

これらのスキルは未経験からの方でも比較的学びやすく、習得までに個人差はありますが3ヶ月〜6ヶ月で習得可能です。(学び方で習得期間は変わります)

プログラマーのスキル

プログラマーさんに必須のスキルは

Ruby

Python

PHP  

などのプログラミング言語が挙げられるかと思います。

プログラマーを目指すのであれば、プログラミングスキルを覚える必要があります。

言語によっては習得難易度の高いものがありますが、熱量によって習得は可能です。

終わりに

webデザイナーとプログラマーどちらを目指すべき?

今回は5つの視点から、Webデザイナーとプログラマーを比較させて頂きました。

あくまで結論としてでは無く、比較結果からWebデザイナーに向いている人

初心者でも学びやすく現在も需要が高いスキルがほしい人

集客やユーザー心理を考える仕事をしたい人

副業から始めて、転職・フリーランスを目指したい人

プログラマーに向いている人

将来性が高く今後も需要が伸びるスキルを身につけたい人

ユーザーが喜ぶサービスを作りたい人

自分でスキルを追求して年収を上げたい人

このような人が向いてると言えます。

ですが、いちばん大切なのは「自分の夢や目標を達成する」ということです。

その際にどちらの方が自分にとって効率が良く、自分の目標の為の心強いパートナーになってくれるのか。

を考えると思考がクリアになりやすいかもしれません。皆さんの明るい未来を応援しております。

 

デザッピーくん
デザッピーくん
あなたも ゼロから学んで最短2週間でWEBデザイナーになりませんか?

今なら、デザプロ公式LINEで、

・WEBデザイナーで稼ぐうえで絶対に覚えておくべきこと
・全くの初心者から始めて在宅で仕事を獲得する方法
・高単価のWEBデザイナーだけが知っている収益化のコツ

などの情報を配信中です。

さらに!今なら期間限定
LINE登録で無料で貰える3大特典付き🎁


あつし
あつし
WEBデザイナーに少しでも興味がある方は、
是非、LINE登録してくださいね!

コメント

コメントする

CAPTCHA