MENU

実は知らないwebデザイナーのリアルな平均年収

Webデザイナーの年収を紹介しますが、あくまでも僕の経験や周りからの情報等によるものなので信じ過ぎないで下さいね。

この業界は比較的まだ新しいので、会社の規模や裁量によっても大きく給料が変動して来ます。

また、Webデザイナーから転向の可能性があるWebディレクターやフロントエンドエンジニア、フリーランスの給料についてもまとめてご紹介して行きたいと思います。

会社員の場合

会社で会社員として働くWebデザイナーの年収はだいたい一般的に

平均250~500万円

くらいでしょう。

小規模なWeb制作会社等では月給20万円で手取り16万円くらいという所もあります。もちろん、そういう会社に就職する場合は、修行の時期として集中的にスキルを身につける場として利用して下さい。この気持ちがすごく大事です。

最初の2年間は給料にはあまり期待せず、勉強期間だと思った方が良いです。お金をもらいながら勉強させてもらっていると考えましょう。頂ける報酬は少なくても、がっつりと実務経験が積める現場を選ぶと、スキルがしっかり身に着き、その後がだいぶ楽になります。

報酬が良くて勉強できる会社が見つかれば絶対そっちの方が良いです。

最初の2年の壁

2年間は修行と聞くと、2年もやらなきゃだめなのか…と嘆きたくなる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし大事なのは報酬だけではありません。給料が低くても、先輩が優しかったり、案件が充実したりしていると、けっこう楽しくて2年と言う期間はあっという間です。

強く言ってしまえば、2年も続かないなら、Webデザイナーとしてやっていくのは少し厳しいかもしれません。その場合も、『じゃあ辞める』と諦めてしまうのはかなり勿体無く、WebディレクターやWebマーケッターになる方向性も一度考えてみて下さい。

webデザイナーとして働き続ける

Webデザイナーとして働き続けるなら、給料が低いけど、がっつり修行ができる会社でスキルをしっかり身に付けて下さい。その後はやや大きめのWeb制作会社に転職することをおススメします。

デザインとコーディングの両方のスキルか、デザイン力が優れていれば

年収400万~500万くらいなら全然狙えます。

ですが、コーディングしかできないHTMLコーダーの場合は、年収が低いままですので、JavaScriptをさらに極めていくつもりで、フロントエンドエンジニアを目指すようにしましょう。

事業会社のインハウス(内勤)webデザイナーになる

こちらもよくある転職パターンです。Web制作会社から、自社サービスや商品を手がける事業会社のWebデザイナーへ。

この場合は、もちろんその会社の給料に準じるので、大企業であれば、Web制作会社時代よりも、ぐっと年収が上がるでしょう。

例えば試しに「楽天 Webデザイナー」で検索すると、【年収例:500万円~1100万円(入社初年度)】の求人が出てきたりしています。

webディレクターになる

『Webデザイナーになろう』と何度も何度も推して言ってますが、実際のところ、現在需要があるのは、Webディレクターの方かもしれません。

年収は、300万円~700万程度でしょうか。

え!じゃあ最初からそっちを勧めろよっ!と思わないでほしいのは、Webデザイナーを経験してから、Webディレクターになる方がはるかに効率的に仕事を進められるからです。

デザイナーが提出してきたデザインを見て、修正点を的確に指示できたり、クライアントの要望をコーディングで実現できるかの判断は、WebデザイナーあがりのWebディレクターのもっとも強みとするところです。

そして大切な心構えとして、Webディレクターはある程度、精神的にタフじゃないと務まりません。

UI/UXデザイナー・フロントエンジニアになる

これが現在の「Webデザイナーの正統な進化」かもしれません。UI/UXデザイナーかフロントエンドエンジニアになること。

専属でやられているUI/UXデザイナーの給料事情は詳しくは分かりませんが、企業によって仕事内容も変わってきます。UXを深く考慮するにはクライアントとのコミュニケーションが増えることもあり、Webディレクターの領域に近いと言えるかもしれません。

フロントエンドエンジニアに関しては現在、既にもうトレンドです。「JavaScriptちょっとわかるよ、Gitなんとか分かるよレベル」に留まるなら年収400万円止まりですが、JavaScriptをバリバリ書けて、PHPでWordPressのプラグインを作れたり、サーバーなどバックエンドの領域にも踏み込めて、黒い画面(ターミナル)でバリバリ操作できるレベルまで行く事が出来れば年収は

500万~800万円まで跳ね上がります。

この領域はエンジニアの職種とシンクロする部分があり、そういう意味では青天井な所がある為、スキルによっては年収1000万近くも可能になって来ます。
でも、この領域は確実にプログラミングセンスが問われる世界で、すべての人がなれる職種でもないので、ここに夢を持ち過ぎてしまうのも危険です。

フリーランスで働く場合の収入

自分のスキルに自信を持ち始めたら、フリーランスとして活動するのも、凄くおススメです。

フリーランスの収入に関しては本当にピンキリです。

友達や知り合い経由で仕事をもらっている場合は、「じゃあ込みこみで40万でお願い~」というケースが多いです。そういう案件を2~3案件平行してコツコツとやっていたりすると

月収は平均で20万~60万くらいになるでしょうか。

特別番外編で、知人から聞いたお話しではありますが、気になっている女の子から「ホームページが欲しいな~」と依頼されたりすると「…じゃあお寿司おごりで(3000円程度)」と理不尽過ぎても引き受けてしまう様な世界でもあります。

タイトル通りのリアルな年収でございます。

ですが、業務委託の場合、レバテッククリエイターや3スタといったエージェントを利用し、業界経験年数が3年以上あれば

週3日会社常駐で月収は25~35万円、週5日で40万以上はもらえます。

やはりフリーランスの面白味は、会社だと一般的には認められない副業が出来る事ですよね。

フリーランスの場合は副業というかそれが本業なのですが、中には業務委託で週3日くらい働いて、残りの時間は自由にテニスしたりアフィリエイトサイトを作ったりする生活を送られている方もいらっしゃいます。

終わりに

Webデザイナーのスキルは、自分らしいキャリアを築く為、そして自分らしい表現をし続ける為に大きく役立ちます。

まだ将来の目標が決まっていない方にとっても、デジタルコミュニケーションの本質を学びつつ、成果を確認しながら改善を繰り返す事が出来るWebデザインの学習は、最も汎用性が高く、人生の選択肢をあらゆる形で広げてくれるのではないでしょうか。

今後ますます複雑化するデジタル社会において、自分を生きる為の一つのスキルとして、ぜひWebデザインを学んでみて下さい。

おまけ

最後に参考までにWebサイトを一式作成した場合のざっくりとした費用感をお伝えさせて頂けたらと思います。

企業サイト作成の報酬(小規模)

相場料金:

400,000円~600,000円程度

費用内での主な制作内容

  • トップページ ×1
  • 企業情報 ×3
  • 事業・サービス紹介 ×4
  • お知らせ ×1
  • お問い合わせ ×1
計:10ページ程度

企業サイト作成の報酬(中規模)

相場料金:

800,000円~1,200,000円程度

費用内での主な制作内容

  • トップページ ×1
  • 企業情報関連ページ ×8
  • 事業・サービス紹介関連ページ ×15
  • お知らせ関連ページ ×5
  • お問い合わせ ×1
計:30ページ程度

企業サイト作成の報酬(大企業)

相場料金:

1,500,000円~5,000,000円程度

費用内での主な制作内容

  • トップページ ×1
  • 企業情報関連ページ ×15
  • 事業・サービス紹介関連ページ ×35
  • お知らせ関連ページ ×28
  • お問い合わせ ×1
計:80ページ程度
デザッピーくん
デザッピーくん
あなたも ゼロから学んで最短2週間でWEBデザイナーになりませんか?

今なら、デザプロ公式LINEで、

・WEBデザイナーで稼ぐうえで絶対に覚えておくべきこと
・全くの初心者から始めて在宅で仕事を獲得する方法
・高単価のWEBデザイナーだけが知っている収益化のコツ

などの情報を配信中です。

さらに!今なら期間限定
LINE登録で無料で貰える3大特典付き🎁


あつし
あつし
WEBデザイナーに少しでも興味がある方は、
是非、LINE登録してくださいね!

コメント

コメントする

CAPTCHA