グラフィックデザイナーとWebデザイナーの違い

グラフィックデザイナーはllustratorやPhotoshopなどのグラフィックソフトを使用し、長いスパンで1つの案件を手がけるのが特長です。

WebデザイナーはWebページをデザインし、レイアウトや構成などを考えるのが仕事です。

この記事では、グラフィックデザイナーとWebデザイナーの違いについて解説します。

グラフィックデザイナーとWebデザイナーの違い

1.グラフィックデザイナーの仕事

広告やプロモーションツールなど紙媒体を手がけるグラフィックデザイナーは、llustratorやPhotoshopなどのグラフィックソフトを使用し、印刷に耐えられる高解像度の画像を扱いながら

  • 企画
  • デザインの考案
  • レイアウト
  • 編集
  • 入稿データの制作

など、長いスパンで1つの案件を手がけるのが特長です。

Webの世界で働くグラフィックデザイナーも存在しますが、彼らの仕事はおもに「Web上に載せるグラフィックを描く」事であり、紙媒体のようにレイアウトや編集を行う事はありません。

Webデザイナーと兼任することも多いですが、Webデザイナーはクリエイティブな経験が乏しい事があるため、紙媒体出身の経験豊富なグラフィックデザイナーが重宝される傾向にあります。

2.Webデザイナーの仕事

Webページをデザインし、レイアウトや構成などを考えるのがWebデザイナーの仕事です。

Webデザイナーが考案したデザインをもとに、プログラマーやコーダーがコーディング(デザインをWeb上で見せたり、動かしたりするようにすること)を行い、Webサイトが作成されます。

Webサイトは低解像度の画像が用いられ、動きがあるのが特長です。

紙媒体と比べると複雑な仕組みになり、Webデザイナーの仕事は「作品を作る」というより「設計する」という表現の方が近く、紙媒体と比べると新鮮な情報を的確に、効果的に伝えるスキルが求められる仕事です。

グラフィックデザイナーor Webデザイナーになるには

1.グラフィックデザイナーになる為に

グラフィックデザイナーになるには、特別な資格が必要ないため、美術系の大学や専門学校でデザインを学び、

  • 広告代理店
  • 広告制作会社
  • 企業の広報部や商品開発部

などに就職する方法が一般的なルートです。

Illustrator、Photoshop・グラフィック作成ソフトの使い方などを事前に学んでおくと、就職時に有利になりますが、最初は先輩のグラフィックデザイナーのアシスタントからスタートして、経験を積みながら次第に大きな仕事を任されるようになります。

2.Webデザイナーになる為に

Webデザイナーになるためには

  • Web制作会社
  • Webサービスの企画・運営会社

に入社し、経験を積むことが一般的です。

デザイナー職の場合、まったくの未経験者を採用しているところは少なく、ある程度の技術が求められるため、

  • 大学の情報系学部
  • Webデザインについて学べる専門学校
  • スクール

などに通うか、独学で基礎知識を身につけておくと就職しやすいでしょう。

プログラムが分かるWebデザイナーはそれほど多くないため、デザインだけでなく、プログラムの知識もあると就職に有利です。

グラフィックデザイナーとWebデザイナーの資格・必要なスキルの違い

グラフィックデザイナー・Webデザイナー共に特別な資格は必要ありません

グラフィックデザイナーの場合は、

  • AdobeやPhotoshop・illustratorなどのソフトに関する資格
  • DTPに関する資格

を取得する人が多いようです。

Webデザイナーの場合は、業務に関連する公的な資格として、「特定非営利活動法人 インターネットスキル認定普及協会」が主催する国家検定「ウェブデザイン技能検定」がありますが、Webデザイナーとして就職や転職をする際に資格が特別有利になることは少なく、資格よりもスキルや経験、実績が重視される傾向にあります。

グラフィックデザイナーとWebデザイナーの給料や待遇の違い

1.グラフィックデザイナーの場合

グラフィックデザイナーの年収は300万円から500万円程度が相場ですが、

勤める企業の規模やキャリアによって大きく異なります

大手広告代理店の場合は30代で1000万円を超えるケースもあり、その実力次第で、能力給を上げることも可能ですが、中小の制作会社ではそれほど高い収入を得られないことが多いようです。

Webデザイナーの場合

Webデザイナーのおもな職場となる制作会社は中小規模のところが多く、平均年収は300万円から400万円が平均とされています。

Webディレクター」や「Webプロデューサー」になると、もう少し高い給与を見込め、経験を積んで独立すれば、会社勤めの人よりも多くの収入を得ることも不可能ではありません。

グラフィックデザイナーとWebデザイナーはどっちがおすすめ?

グラフィックデザイナーとWebデザイナーの大きな違いは、扱う媒体が紙かWebかということです。

紙とWebでは同じデザインの仕事でもまったく異なるアプローチのため、自分はどちらの分野で働きたいのかをしっかりと考えることが必要です。

近年、紙媒体はWebへの移行が進み業界全体が縮小していることから、今後はグラフィックデザイナーもWebデザイナンのスキルが求められると予想されます。

【おまけ】有名グラフィックデザイナー達の作品

デザイナーならもちろん、非デザイナーでも知っておいて損は無しです。

有名な作品を少しだけ紹介させて頂きます。

1.佐藤可士知さん

現在のデザイン業界を牽引するグラフィックデザイナー。

(アートディレクターやクリエイティブディレクターなども)

多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン科から株式会社博報堂に入社し、その後株式会社サムライを設立し独立という、エリート街道まっしぐらの経歴。

そんな彼の代表作は有名企業のロゴ。

シンプルながら洗練されたロゴは、みなさんも見かけた事があるんじゃないでしょうか。

2.大貫卓也さん

お次は大貫卓也さん。前述の佐藤可士和さんが憧れたアートディレクターでもあります。

現在は多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科で客員教授をされています。

代表作はソフトバンクやJリーグのロゴ。

シンプルながら力強いロゴは多くのデザイナーに影響を与えました。

女性デザイナー編

1.長嶋りかこさん

博報堂出身のグラフィックデザイナー。

有名なのはラフォーレ原宿の広告です。

インパクトの強いビジュアルで、一度見たら忘れない強烈なデザイン。

女性モチーフな物が多いイメージです。

2.吉田ユニ

長嶋りかこさんに続き、女性のグラフィックデザイナーで人気な吉田ユニさん。

彼女もまたラフォーレ原宿やパルコなどの広告を手掛けています。

広告物も多いですが、CDジャケットのデザインも多く手掛けている印象ですね。

星野源さんのジャケットなんかは見たことある人も多いはず。

グラフィックデザイナーの父   亀倉雄策さん

そして最後に紹介するのが亀倉雄策さんです。

グラフィックデザイナーの父と言っても過言ではないくらい、世にグラフィックデザイナーの存在を知らしめた方です。

彼の没後には、その功績を称え、グラフィックデザインの発展を目的とした亀倉雄策賞という賞も出来ました。

今回紹介した方では佐藤可士和さんなんかが受賞されています。

亀倉雄策さんの代表作が1964年の東京オリンピックのポスター。

国内外問わず、このポスターは取り上げられ、高く評価されました。現在でもこのポスターのオマージュした作品はよく見かけますよね。

デザッピーくん
デザッピーくん
あなたも ゼロから学んで最短2週間でWEBデザイナーになりませんか?

今なら、デザプロ公式LINEで、

・WEBデザイナーで稼ぐうえで絶対に覚えておくべきこと
・全くの初心者から始めて在宅で仕事を獲得する方法
・高単価のWEBデザイナーだけが知っている収益化のコツ

などの情報を配信中です。

さらに!今なら期間限定
LINE登録で無料で貰える3大特典付き🎁


あつし
あつし
WEBデザイナーに少しでも興味がある方は、
是非、LINE登録してくださいね!

コメント

コメントする

CAPTCHA