ツールを理解する【IllustratorとPhotoshop比較解説】

PhotoshopやIllustratorは、デザインの制作現場で欠かせないソフトです。

Webデザイナーとして現場で活躍するためには、デザインに関する知識だけではなく、PhotoshopとIllustratorを使いこなせる技術が求められます。

PhotoshopとIllustratorには、どのような違いがあるのでしょうか。

今回はWebデザイン初心者の方が意外と知らない2つのソフトの違いや特徴、そして強みについてご紹介します。

Photoshop解説

1.Photoshopの強み

Photoshopは、画像編集で最も使われるツールです。複雑な画像処理を施したり、軽度の補正や加工を行ったりする場合、Photoshopがよく使われます。

なおPhotoshopは点の集まりで出来た「ビットマップ」データを扱います。

明度・彩度・色相といった色の3属性を調整することで、画像を美しくより鮮明に加工できることに加え、「レイヤー」と呼ばれる一枚の層ごとに編集出来る点が、Photoshopの大きな魅力であり強みです。

2.Photoshopの特徴

レイヤーごとの画像加工や編集の操作が簡単な為、手直しをする際は必要なレイヤーのみを編集し、手早く修正を済ませることができます。

さらに、Photoshopは、画像を複数に分割する「スライス」という機能も備えています。

スライスは作成したデザインデータを傷つけることなく、任意の範囲でデザインを切り出し、別の画像ファイルとして保存する機能です。

Webデザイナーには必須の機能であり、作成したWebデザインのデザインカンプからパーツを切り出すときに利用されます。

3.Illustratorとの違い

そしてIllustratorとの大きな違いはJPEGやGIF、BMP、PNG、PDF、Targa、TIFFなど、他のツールでも編集可能なファイル形式に書き出して保存可能な点がIllustratorとの大きな違いです。

Illustrator解説

1.Illustratorの強み

Illustratorは画像を拡大・縮小しても画質が劣化しない「ベクター」データを扱うソフトです。

Illustratorを使用すれば、図柄の細かな描き込みやテキスト、図形といった各オブジェクトのレイアウトを直感的にデザイン出来ます

2.Illustratorの特徴

オブジェクト機能では「塗り」「カラー」「線幅」や、後で追加修正が可能な「スタイライズ」や「パスの変形」などの効果を扱えるため、複雑な図形の作成も簡単です。

使用頻度の高い機能として、線や塗りをより細かく設定出来る「アピアランス」と各オブジェクトの結合や分割が出来る「パスファインダー」が特徴として挙げられます。

この様にテキストや図形といったオブジェクトに対して細かなデザインを施せる点がIllustratorの特徴です。

3.Photoshopとの違い

Webデザインにイラストを使いたい時はIllustratorで作成して、素材を編集したりしてから、Photoshopで作成するデザインカンプに落とし込む事があります。

拡大縮小が必要なロゴなどの作成、
印刷サービスを利用する印刷物のデザインに特化している点がPhotoshopとの大きな違いと言えるでしょう。

 

オススメはどちらか

実際の所、PhotoshopとIllustratorを初心者の方が使うのには、どちらがオススメなのでしょうか。

1.選ぶべきポイント

PhotoshopとIllustratorの両方ともデザインに欠かせないソフトであることは間違いありません。

しかし、どちらかというと

  • PhotoshopはWebサイトの制作
  • Illustratorは印刷物の制作

で利用される事が多い印象があります。

選ぶべきポイント②

これからWebサイトを自分で作ってみたいと考えている方は、Photoshopの使い方を学ぶと良いでしょう。

しかし、Webサイトの制作現場で将来働こうと考えている方は、Photoshopと併せてIllustratorも使えることが望ましいです。

プロのWebデザイナーとして活躍したい場合は、PhotoshopとIllustratorの両方を扱えるようにしておきましょう。

2.PhotoshopとIllustratorを使いこなす為には

PhotoshopとIllustratorは多機能で実現出来ることが多い反面、ソフトの使い方を覚える際に苦労される方も少なくありません。

豊富な機能が搭載されているため、初心者の方はどの機能から勉強すべきか迷ってしまう事が多いのです。

PhotoshopやIllustratorの勉強が思うように進まない場合は、Webデザインが学べるスクールに通うことも1つの方法です。

Webスクールでは現場で必要とされる機能を中心に学ぶため、効率よくPhotoshopやIllustratorの使い方を学べます

あつし
あつし
もちろんデザプロでも学べます!

PhotoshopやIllustratorは、Webサイト制作に必須のツールです。

Webデザイナーを目指している方は、2つのソフトを使いこなせるようになりましょう。

Adobe Creative Cloud(Adobe CC)があれば、PhotoshopやIllustratorを始めとする30種類のツールとサービスを好きなだけインストール可能です。

これらのソフトが使用できれば即採用される訳ではありませんが、スキルが高ければ高いほど、活躍できるフィールドは数多くあります。

ただ、企業への就職はやや狭き門となっていること、フリーランスの場合には収入格差が大きいことなどの注意点は理解しておきましょう。

終わりに

PhotoshopとIllustratorを比較してみた結果、分野ごとにそれぞれの長所や短所が浮かび上がってきました。

もともと異なる用途で作られているツールなので、得意分野もツールによって異なります。

どちらも完璧なツールではないからこそ、用途によって使い分けたり、組み合わせたりすることが重要です。

今回ご紹介した長所と短所を把握したうえで、ぜひそれぞれのツールを賢く使い分けてみてください。

デザッピーくん
デザッピーくん
あなたも ゼロから学んで最短2週間でWEBデザイナーになりませんか?

今なら、デザプロ公式LINEで、

・WEBデザイナーで稼ぐうえで絶対に覚えておくべきこと
・全くの初心者から始めて在宅で仕事を獲得する方法
・高単価のWEBデザイナーだけが知っている収益化のコツ

などの情報を配信中です。

さらに!今なら期間限定
LINE登録で無料で貰える3大特典付き🎁


あつし
あつし
WEBデザイナーに少しでも興味がある方は、
是非、LINE登録してくださいね!

コメント

コメントする

CAPTCHA