MENU

Webデザイナーが選ぶべきパソコンについて

あつし
あつし
皆さん、こんにちは!デザイナーズプロ代表のあつしです。今回はWebデザイナーとして働く上でオススメのパソコンについて紹介して行きます!

これからWebデザイナーを目指す為にまずはパソコンの購入から!と考えている方は多いと思います。

 

しかし、パソコン購入は決して安い買い物ではありません。しっかりと調べた上で自分に合う一台を選びたい!と思っている方、初めてのパソコン選びで失敗だけは絶対にしたくない!と思っている方。

是非とも読んで頂きたいです。

仕事環境に適するのはWindowsかMacか

webデザイナーはWindows、Macどちらが良いのか。

WindowsとMacどちらを購入するべきかと相談をされたら、私はMacを選ぶ事をおすすめしています。

MacでBootcampという機能があって、それを使う事でMacの中にWindowsをインストールして使う事が出来るからです。

早速結論になってしまいますが、MacがあればWindowsもインストールして使う事が出来るので、私ならWindowsの購入はオススメしないと思います

企業の環境ではWindowsが多い

個人で所有するには断然Macがオススメですが、webに関わる制作の現場では今でも圧倒的にWindowsの環境が多いです。その為、Macを所有していてもある程度Windowsの環境に慣れておく事が大切です

Webデザインの現場ではMac環境が多い

web関係の企業でもデザインに特化したWeb制作会社などはMacを開発環境に選んでいる場合が多いです。

Macの魅力はなんと言っても、シンプルで洗練されたデザインで、かつ動作がとても安定していると言う事です。

Windows、Macどちらも使いこなせるのがベスト

今後Webデザイナーとして活動していくのなら、両方使えるようになるのがベストです。

そしてWindowsとMacってそんなに使い方が違うの?と思われている方がとても多いですが、実際にWebデザインする上で、WindowsとMacでは操作方法に大きな違いは無いので安心して下さい。

WindowsもMacも慣れてしまえばそこまで変わりはありません。どちらかに苦手意識があっても慣れるとすぐに使えるようになります。

どこの制作会社で働く事になっても対応出来るようにWindowsもMacも使いこなして行きましょう。

ノートかデスクトップどちらを選ぶべきか

あつし
あつし
先ほどはWindowsかMacどちらを選ぶべきか。について紹介しました!次はノートパソコンとデスクトップパソコンどちらのタイプを購入するべきか。について紹介します!

デスクトップとノートパソコンどちらを選ぶべきなのか?

結論から言うと、両方揃える事が出来ればベストです。デスクトップは自宅専用、ノートパソコンは外出専用として使えばどんな場面でも対応する事が出来るでしょう。

Webデザイナーは、あらゆる画面サイズに応じてWebページをデザインしていかなければなりません。

デスクトップで見た時にどのように見えるのか表示チェックの検証をしないといけないし、ノートパソコンの画面サイズのファーストビューの表示領域というものを常に意識して制作をしていかなければなりません。

Webデザイナーとして活動する以上、外出先でも常にPCは常備しておきたいですね。

予算が足りない場合は、初めにノートパソコンを購入し、次に余裕が出来たら自宅用にデスクトップパソコンを購入すると良いでしょう。

Webデザイナーに必要なパソコンのスペックとは

画面解像度、画面サイズ(inch)

Webデザイナーが使うノートパソコン・デスクトップの画面として最低でも以下のサイズをおすすめしています。

ノートブックの場合は

13インチ

※解像度は1280×800ピクセル

デスクトップの場合は

21.5インチ

※解像度は1920×1080ピクセル

メモリとは。容量はどのくらい必要か

メモリとは名前が示す通り記憶するという事で、パソコン内で一時的にデータを記憶させる事が出来る部分です。

Webデザイナーの場合は4GBだと少し少なく、最低でも8GBほどあれば十分に作業できるでしょう。

メモリは多ければ多いほど快適にPCが動き作業が進みます。

ストレージ内容(HDD、SDD)

メモリは一時的に、データをPC内に記憶させる事が出来る部分でありますが、それに対してストレージ容量というのはデータをPC内に長期的に保存しておく事が出来る所です。

ノート・デスクトップそれぞれ以下の容量があれば理想的だと言えます。

ノートパソコン

256GB

デスクトップ

500GB

CPU

CPUとは(Central Processing Unit)の略でパソコンの中枢を司る処理装置の事で人間で例えると頭脳であり様々な処理の命令などを発する重要な部分です。

パソコンのスペックはCPUで決まると言っても過言ではありません。PC検討の際には必ずCPUをしっかりとチェックするようにしましょう。

CPUで使われているのはINTEL社製の代表的なものとして以下があります。

cerelon

Core i3

Core i5

Core i7

この中でもi7が最速のCPUです

次にi5、i3、cerelonの順となります。

Webデザイナーが使用するスペックとして、最低でもCore i5の搭載されているマシンを選ぶ事をおすすめします。

無線LANの有無

デスクトップのタワーパソコンや安価なノートパソコンなどを購入してしまうと、無線LAN機能がついて無い場合が多くWifiが使えない場合が多いので購入時に必ず無線LANがついているかチェックして下さい

必要スペックまとめ

ノートパソコン
【画面サイズ】13インチ以上(解像度は1280×800ピクセル)
【メモリ】8GB以上
【ストレージ】256GB以上
【CPU】Intel社Core i5またはCore i7

デスクトップ
【画面サイズ】21インチ以上(解像度は1,920 x 1,080ピクセル)
【メモリ】8GB以上
【ストレージ】500GB以上
【CPU】Intel社 Core i5またはCore i7

 Webデザイナーにオススメのノートパソコン

MacBook Pro (2020) 現行モデル

出典 :https://www.apple.com/jp/

プロレベルの作業に最適。プロセッサの処理能力も高いため、何か作業をしながら他の作業をするマルチタスクを要求する場合に購入したい。

安定して動作するためプロユーザーには安心の1台とも言える。

Touch ID、Touch Bar搭載。

外部ポートはThunderbolt 3(USB-C)が4ポート搭載。

188,800円(税別)〜

MacBook Pro 2019

出典 :https://www.apple.com/jp/

一世代前、2019年発13インチモデルは、メインマシンにも使えるほどの高い処理性能と携帯性のバランスのとれたモデルです。価格帯としてもお求め安い価格となっておりますので視野に入れてみてはいかがでしょうか。

Touch ID、Touch Bar搭載。

外部ポートはThunderbolt 3(USB-C)が4ポート搭載。

137,081円(税別)〜

Webデザイナーにオススメのデスクトップパソコン

iMac Retina 4Kディスプレイモデル(21.5インチ)

出典:https://www.apple.com/jp/

iMacの中でも画面解像度を大幅にアップしたRetina 4KモデルのiMac。
デスクトップならではの、ハイスペックで自宅で快適に作業出来ます。
価格は¥148,800 〜

iMac(21.5インチ)

出典:https://www.apple.com/jp/

iMac21.5インチ 通常のsRGBディスプレイモデル。実際のところWeb制作では、4Kの高解像度は今のところ、必須ではありません。それは4Kディスプレイが一般的に普及していなからです。Web制作ではこのモデルでも十分に対応出来ます。スペックに関しても申し分なく、自宅で大活躍する事は間違いない一台です。

価格は¥108,800〜

 

終わりに

これからWebデザイナーを目指すには、まず始めに快適に作業出来るパソコンの購入をする事が大切です。

「良いデザインは良い環境で」しか生まれないと考えています。

まずは良い環境を整える事から始めましょう。

 

デザッピーくん
デザッピーくん
あなたも ゼロから学んで最短2週間でWEBデザイナーになりませんか?

今なら、デザプロ公式LINEで、

・WEBデザイナーで稼ぐうえで絶対に覚えておくべきこと
・全くの初心者から始めて在宅で仕事を獲得する方法
・高単価のWEBデザイナーだけが知っている収益化のコツ

などの情報を配信中です。

さらに!今なら期間限定
LINE登録で無料で貰える3大特典付き🎁


あつし
あつし
WEBデザイナーに少しでも興味がある方は、
是非、LINE登録してくださいね!

コメント

コメントする

CAPTCHA