MENU

Webデザイナーの仕事を知る

あつし
あつし
皆さんこんにちは!デザイナーズプロ代表のあつしです。

今回は、webデザイナーとはどんな仕事なのかを紹介していきます。

Webデザイナーとは?

「Webデザイナー」の仕事は、その名称が示すとおり、GoogleやYahoo!などに表示されるWebサイトをデザインすることです。

仕事としての場合、お客様が希望するイメージのWebサイトをデザインしていくのですが、ただ美しいサイトや格好良いサイトを作るだけではありません。マーケティング戦略部分の強化や見直しなどプロダクトデザインの要素も強いのが特徴です。

私達がデザインしたWebサイトを訪れたユーザー様が使いやすいかどうか。見やすいかどうか。など、ユーザー目線を意識してデザインします。

私達WebデザイナーはWebサイト全体のイメージを構築し考えながら最終段階の仕上げを行っていきます。

その他サイトの構成や配置などは、多くの場合Webディレクターがワイヤーフレームと呼ばれる設計図を作成します。
現在、Webサイトに携わる職種は多数ありますが、個人で活動されているWebデザイナーの中には、これら全てのディレクションやコーディングなどを1人で行う人もいます。

Webデザイナーの仕事内容

重複してしまう所もありますが、Webディレクターが作成したサイトマップやワイヤーフレームと呼ばれる設計図を見ながら、よりお客様のイメージに合ったデザインに近づけていきます。

主にデザインのサンプルは、IllustratorやPhotoshopなどのグラフィックソフトを使用して制作して行きます。

完成後、Webサイトの色合いなどお客様の求めるイメージと相違がないかを確認し、お客様側に問題がなければ制作に移ります。
コーディングはコーダーが行いますので、デザイナーの役割としてはアイコンやバナーなどの制作を担当します。

個人の場合や勤める会社の規模によっては、デザイナーがコーダーを兼ねる場合もあります。その場合は、HTMLやCSS、JavaScriptなどを使用してコーディング作業を行います。

Webデザイナーに必要なスキル

Webサイトをデザインするにあたり、デザイン能力はかなり重要です。ただし、雑誌や新聞の広告、パッケージや看板、チラシなどの印刷物をデザインするグラフィックデザインとは似て非なる部分がありますので、紙媒体に用いるデザイン能力がそのままWebデザイン能力には活かせません。

そして、Webデザインの市場スピードは日進月歩です。

流行はすぐに移り変わりますので、現在どのようなデザインが流行っていて、現在はどのようなデザインが廃れているのか、常に多種多様なデザインに興味を持ちアンテナを張り巡らせていることが大切になります。

そして、デザインをWeb上に形として具体化するためには、グラフィックソフトを扱うスキルもかなり重要です。

現在グラフィックソフトは無数にありますが最低でも、王道のIllustrator(イラストレーター)とPhotoshop(フォトショップ)はマスターしておきたいところです
先述したコーディング能力については、専任のコーダーを入れれば必要ありませんが、こちらもまた、勤める会社の規模や個人で全てやりたい方にとっては必要となります。最低限、HTMLやCSSなどの言語を使えるようになっておくといいでしょう。

Webデザイナーのキャリア①

Webデザイナーのキャリアを収入面キャリアパスの2つに分けて紹介したいと思います。

収入面

一般的にWebデザイナーの平均年収は、20代で349万円と、かなり低めな金額となっています。

しかし、30代になると550万円となり、約200万円ものベースアップとなっていることが分かります。

20代平均年収

約349万円

30代平均年収

約550万円

約200万円の収入上昇

ここまで年収が飛躍的に上昇する理由としては、転職による収入増加があります。

Webデザイナーは、年齢よりも実力重視の仕事です。実績やキャリアを積んで能力が高く貴重性のあるWebデザイナーであれば、その実力に見合った年収が期待できます。


また、もうひとつの大きな特徴として、男女の年収差があります。20代はほとんど差がないのですが、30代になると200万円近い差が出てきます。

これは、男性の場合、Webディレクターなどの管理職にキャリアアップし、女性はデザインの現場に残る傾向があると考えられているからです。

もちろんこれは、一概には断定出来ません。女性でも管理職にキャリアアップし、男性でも現場に残る方もいらっしゃいます。

ご自身に合うキャリアを見つけて行くことが大事です。

Webデザイナーのキャリア②

キャリアパス

キャリアパスとは一般的に、キャリアアップへの道筋です。 どのような仕事をどれくらいの期間経験し、どの程度能力が身につくとどのポストに就けるのかを明確化したもので、人材育成の現場には欠かせず、キャリアアップへの指標にもなります。

Webデザイナーのキャリアパスとしては、上位職であるWebディレクターやWebプロデューサーになることも可能です。

WebディレクターWebディレクターとは、Web業界においてプロジェクトを監督・指揮・管理する人を指します。プロジェクトの進行管理をはじめとするWebコンテンツ制作の責任者がWebディレクターといえます。

Webプロデューサ   Webプロデューサーの仕事内容を一言で言うと、「Webに関わるプロジェクト全体を統括すること」です。Web制作の現場を管理するだけでなく、企画の立ち上げから予算設定や人材の適切な配置、納品後のアフターフォローなど、プロジェクトの最初から最後まで幅広く関わらなければなりません。

しかし、デザインするのが好きな人にとっては、マネジメント系の職種に移行したくない場合なども多数あります。その場合、会社などを離れフリーランスとして独立する人も多いです。

また、より高度なコーディング技術やサーバーの知識が求められるフロントエンドエンジニアなどの職種へ転換する事も可能です。仕事の幅を広げ同じ企業の中で職種を転換するのも一つの方法です。

Webデザイナーにオススメの資格資格

Webデザイナーにおすすめの資格としては

デザイン系の資格とコーディング系の資格があります。

ウェブデザイン技能検定厚生労働省が認定するWebデザインに関する国家資格です。Webについての幅広い知識が求められる上、1級、2級を受験するためには実務経験などが求められます。

Webクリエイター能力認定試験
サーティファイが実施する、Webサイト制作の担当者向け試験です。試験では、HTMLとCSSを用いてWebサイトを制作しますので、最低限のコーディング能力があることを証明できます。

その他、Webデザイナーにとって重要なグラフィックソフトIllustratorPhotoshopの資格試験もあるので合わせてオススメします。

Photoshopクリエイター能力認定試験サーティファイが実施している資格試験です。
難易度によってスタンダードエキスパートのニつがあり、スタンダードでは「指示通りの作業を正確かつ合理的に行う」こと。エキスパートでは「クライアントのニーズに対応した創造性の高いコンテンツ制作ができる」ことが要求されます。

Illustratorクリエイター能力認定試験こちらもサーティファイが実施している資格試験です。
求められるスキルは、Photoshopクリエイター能力認定試験と同じく、スタンダードでは「指示通りの作業を正確かつ合理的に行う」こと、エキスパートでは「クライアントのニーズに対応した創造性の高いコンテンツ制作ができる」ことです。

終わりに

Webデザイナーという仕事は、デザインをすることが好きな方、そして常に新しい知識や技術を習得して自分のスキルとして活かすことにやりがいを感じる方に向いています。

クリエイティブな世界に興味のある方は、まずWebデザインにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

デザッピーくん
デザッピーくん
あなたも
ゼロから学んで最短2週間でWEBデザイナーになりませんか?

今なら、デザプロ公式LINEで、

・WEBデザイナーで稼ぐうえで絶対に覚えておくべきこと
・全くの初心者から始めて在宅で仕事を獲得する方法
・高単価のWEBデザイナーだけが知っている収益化のコツ

などの情報を配信中です。

さらに!今なら期間限定
LINE登録で無料で貰える3大特典付き🎁


あつし
あつし
WEBデザイナーに少しでも興味がある方は、
是非、LINE登録してくださいね!

コメント

コメントする

CAPTCHA